新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

皮膚の病気

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹

投稿日:

<どんな病気?>
赤ちゃんの顔や体に出る湿疹を総称して乳児湿疹と呼びます。食べこぼしや、よだれ、汗などが原因で、赤くカサカサになり、かゆみがあります。中でも多くの赤ちゃんに見られるのが乳児脂漏性湿疹で、生後2週間から1歳くらいまでの間に起こります。
皮脂腺の多い頬や口の周り、あご、額、頭を中心に赤いポツポツが出たり、カサカサしたり、ジュクジュクすることもあります。髪の生え際や眉毛などに、黄色いフケや脂っぽいかさぶたがつきます。

<治療>
3?4週間ほどで自然に治ることが多いのですが、繰り返したり、長引く場合は受診しましょう。乳児湿疹にはステロイド薬を含まない軟膏が処方され、乳児脂漏性湿疹にはステロイド薬入り塗り薬や「亜鉛華軟膏」などが処方されます。

<予防&ケア>
汗や汚れがついたらこまめに拭き、清潔にしておくことが大切です。頭や顔についている皮脂や汚れは入浴時に石けんを使ってきれいに落としましょう。赤ちゃんがかさぶたを引っかかないように、深爪にならない程度に爪はこまめに切っておきましょう。

-皮膚の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.