新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

腎臓・泌尿器・性器の病気

脱腸(だっちょう)、鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)

投稿日:2017年4月10日 更新日:

<どんな病気?>
小腸が太ももの付け根の鼠径部に飛び出す病気です。普段は膨らんでいないのに、排便のときや泣いたときなど、おなかに力が加わったときにふくらみが目立ってきます。皮膚の上から触るとやわらかいこぶのようで痛みはありません。とくに男の子に多いのが特徴です。
片側のみに起こることが多いようですが、左右両方に出ることもあります。男の子の場合、腸が陰嚢の中にまで入り込んで陰嚢が大きくなることもあります。また、女の子の場合は卵巣が出ることもあります。

<治療>
鼠径部のふくらみに気がついたらすぐに受診し、医師に腸を元の位置に手で押し戻してもらいましょう。症状が出るたびに処置していけば、生後4ヶ月くらいまでなら約30%は自然に治ります。生後4ヶ月を過ぎても治らない場合や何度も繰り返すときは手術を行います。

-腎臓・泌尿器・性器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.