新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

腎臓・泌尿器・性器の病気

水腎症(すいじんしょう)

投稿日:2017年4月10日 更新日:

<どんな病気?>
腎臓の腎盂の中に尿がたくさんたまり、腎臓が膨らむ病気です。胎児期に受ける超音波検査や、尿路感染症がきっかけとなって発見されます。赤ちゃんの水腎症のほとんどは先天的な尿路系の異常が原因となり、腎盂や尿路の一部が狭くなっているために起こります。
尿路のどこか一部にでも流れの悪い部分があると尿が腎盂にたまり、その圧力で腎盂が拡張してしまいます。また重症の膀胱尿管逆流症の場合も腎臓に逆流した尿がたまるため水腎症になります。
狭窄の程度が強い重症の水腎症では、そのままにしていると腎臓が萎縮して機能の低下をもたらします。そのため、定期的な経過観察や詳しい検査が必要です。ですが、ほとんどの場合は軽症で、自然に治ることが多い病気です。

<治療>
超音波検査の結果、程度が軽いと判断されたら、尿路感染症に注意しながら様子を見ます。また、腎臓の形や尿の流れ具合などがわかるレノ・シンチグラフィーという検査でチェックすることもあります。重症の場合は尿の流れをよくする手術を行います。

-腎臓・泌尿器・性器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.