新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

目の病気

斜視

投稿日:

<どんな病気?>
片方の目だけは目標を向いているのに、もう片方の目が別の方向を向いている状態です。片方の目が内側に向く内斜視、外側に向く外斜視、上または下を向く上下斜視があります。これらは遠視、目を動かす外眼筋肉がバランスよく働いていない、中枢神経の病気などが原因で起こります。赤ちゃんの斜視はほとんどが偽内斜視です。鼻の根元が発達して高くなるにつれて治るので心配ありません。

<治療>
常に斜視が見られる場合は、弱視になることもあるので眼科を受診しましょう。いいほうの目にパッチをかぶせ、弱視の視能訓練をします。時々、斜視が見られる場合も、気づいてから半年以内に受診しましょう。1歳前後に見られる斜視は手術が必要で、種類や程度によって何回かに分けて手術することもあります。遠視が原因で起こる調節性内斜視だけは、遠視矯正の眼鏡を早期にかけることで治る場合があります。白内障や網膜芽細胞腫という腫瘍が原因で斜視になることもあるので、視線が合いにくい、顔を横に向けてモノを見るなどがあったら、早めに眼科を受診しましょう。

-目の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.