腫瘍性の病気

赤ちゃんによく見られるがんには、血液のがんである急性リンパ性白血病や脳腫瘍、リンパ腫、神経芽腫などがあります。未成熟な細胞の残りから発生する胎児性がんや腫瘍などが多く、大人のように胃や肺、大腸などにできることはまれです。
子どものがんは進行が早く、転移しやすい特徴がありますが、一方では抗がん剤などの治療が有効です。元気がない、体重が増えない、おなかにしこりがあるなどの異変に気づいたら、早めに受診しましょう。定期健診をきちんと受けることも大切です。

 

 

  • 白血病・・・赤ちゃんに多い血液のがん。風邪に似た症状で始まります
  • 神経芽腫・・・副腎髄質や交感神経節にできるがん。早期発見が特に重要
  • 脳腫瘍・・・白血病の次に子どもに多く見られる腫瘍性の病気です

腫瘍性の病気-赤ちゃん病気辞典-記事一覧

<どんな病気?>白血病は血液のがんで、、未成熟で異常な白血病細胞がどんどん増えるために骨髄で正常な血液を作ることができなくなる病気です。その原因はまだ十分に解明されていません。リンパ性と骨髄性に分けられますが、赤ちゃんや子どもに多いのは急性リンパ性白血病で全白血病の約70%を占めます。顔色が悪い、発熱、疲れやすいなど風邪に似た症状から始まります。赤血球、白血球、血小板が減少するため、貧...

<どんな病気?>腎臓の上にある副腎髄質や背骨の両側にある交感神経節にできるがんです。初めのうちは無症状ですが、進行したり肝臓や骨髄に転移すると、食欲が無い、顔色が悪い、体重が増えないまたは減るといった症状が現れます。赤ちゃんや子どもによっては腹痛、呼吸困難、眼球の突出、皮下のしこりなどの症状も見られます。原因は不明です。赤ちゃんに多い予後良好群と、乳児期以降に多く見られ悪性度が高く全身...

<どんな病気?>子どものがんでは白血病の次に多い病気が「脳腫瘍」です。良性のものもありますが、赤ちゃんや子どもには悪性のものが多いようです。症状は頭蓋内の圧力が高まって起こるもの(頭蓋内圧亢進症状)と、腫瘍ができた場所に応じて現われるものがあり、さまざまな症状が現れますが、症状があまりはっきりしない場合も有ります。頭蓋内圧亢進症状は、朝起きたときに頭を痛がる、不機嫌になる、食欲低下、嘔...

<どんな病気?>腎芽腫とも呼ばれる腎臓にできるがんが「ウイルムス腫瘍」です。胎児のときに腎臓ができる過程で細胞が何らかの原因で変化して腫瘍が発生すると考えられています。家族に同じ病気が見られ、遺伝的な素因が認められるケースもあります。腫瘍がかなり大きくなるまで症状は現れませんが、腫瘍の増大に伴って、おなかの肋骨の下あたりにできる痛みの無い不自然なしこりで気がつくことが多いようです。多く...