新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

胆道閉鎖症

投稿日:

<どんな病気?>
肝臓から腸に胆汁を送る管のことを胆道といいます。この胆道が生まれてしばらくしてからふさがってしまうため、胆汁が十二指腸まで流れず、肝臓にたまってしまう病気です。新生児の生理的黄疸の時期(生後2週間くらい)を過ぎても黄疸が軽くならず、生後1ヶ月前後に緑がかった黄疸が目立ってきます。また、便の色が薄くなり、クリーム色から白色になります。
通常、便の色は黄色?茶色ですが、胆道がふさがって胆汁が便に排泄されないと、便の色は濃くなりません。そのため便の色はこの病気を発見する大きな手がかりになります。さらに症状が進むと肝臓が腫れて腹水がたまり、おなかが膨れ上がることもあります。また、発見が遅れると肝臓の細胞が壊れて肝臓全体が硬くなる肝硬変に発展して、呼吸困難や吐血、最悪のケースになる恐れもあります。

<治療>
超音波検査などを行います。診断がついたら肝門部と小腸をつなぐ手術をすると予後がいいとされています。それでも黄疸が改善されなければ、肝不全へ進行する可能性があるので、肝臓移植が必要になります。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.