新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

腎臓・泌尿器・性器の病気

停留精巣(ていりゅうせいそう)、潜在精巣(せんざいせいそう)

更新日:

<どんな病気?>
精巣(睾丸)は胎児期の初めにおなかの中でつくられ成長とともにしだいに下りてきて、通常は生まれる頃には陰嚢内に収まります。ですが、何らかの原因により精巣が途中で止まってしまい、陰嚢の中に完全に収まりきらない場合があります。この状態が「停留精巣」です。
精巣は陰嚢近くまで下りてきているものや、鼠径部の奥にあるものなどさまざまです。また、片方だけ下りていないことが多く、陰嚢が片側だけ小さいので病気に気づくこともあります。鼠径ヘルニアを併発することもあります。

<治療>
多くの場合、生後6ヶ月ごろまでは自然に精巣が下りてきます。ですが、1歳を過ぎても下りてこないときは、精巣を陰嚢内に下ろして正常な位置に固定する手術を行う必要があります。そのままの状態にしておくと、精巣の発育が妨げられて、だんだんと萎縮してしまいます。その結果、精子を作る能力が低下してしまい、大人になったときに不妊の原因になることもあります。
赤ちゃんの陰嚢に触れても手ごたえがないときや足の付け根辺りに丸いしこりがあるときなどは、早めに病院で診察を受けましょう。

-腎臓・泌尿器・性器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.