新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

皮膚の病気

とびひ

投稿日:

<どんな病気?>
湿疹、あせも、すり傷、虫刺されなどをかきこわした傷口に、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が感染して起こる病気です。強いかゆみがあり、かいて水疱の膜が破れると、感染力の強い細菌を含んだ液が飛び散って、他の部分にもあっという間に広がっていきます。
水疱が破れた後は赤くただれてびらんとなり、かさぶたになりますが、しばらくすると乾いてきれいに取れます。

<治療>
とびひのような水ぶくれを発見したら、ガーゼで覆って小児科か皮膚科を受診しましょう。病院では患部を消毒して水疱の中身を出し、抗生物質入りの塗り薬を塗り、ガーゼで保護します。とびひの面積が多い場合は抗生物質の飲み薬が、かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン薬などが処方されることになります。

<予防&ケア>
水疱の痕が乾いてきれいになるまでは入浴はやめ、シャワーにしましょう。人にうつるのでプールはやめ、タオルも家族とは別にしましょう。皮膚を清潔にし、爪を短く切りましょう。

-皮膚の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.