新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

虫垂炎

投稿日:

<どんな病気?>
一般に盲腸炎といわれるもので、盲腸の先にある虫垂が細菌感染などによって炎症を起こす病気です。赤ちゃんにはあまり見られませんが、うんちが詰まって発症する場合があります。腹痛とともに37度台の微熱が出て、嘔吐があり、下痢や便秘を伴うこともあります。
赤ちゃんの場合、腹部の痛みや筋肉の緊張がはっきりしないため、発見が遅れることがあるので注意しましょう。虫垂炎が進行すると、腹部に炎症が広がって腹膜炎を併発することもあります。腹膜炎では高熱や全身症状の悪化が見られ、生命に関わることがあります。虫垂炎と思われる症状が見られたら早めに診察を受けましょう。

<治療>
虫垂炎が疑われるときは、血液検査や腹部超音波検査が行われます。腹部CT検査を行うこともあります。虫垂炎の診断がつき次第、抗生物質の投与とともに、薬や手術による虫垂切除術を行います。膿が腹腔内にたまっている場合は、腹腔内の膿を洗い流します。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.