腎臓・泌尿器・性器の病気

腎臓は血液の中の老廃物をろ過して尿として排泄するほか、骨を作るビタミンDを活性化させたり、ホルモンを分泌するなど、体のバランスを保つための大切な働きをします。腎臓で作られた尿は尿管、膀胱、尿道を通って体の外へ排出されます。これらの臓器をあわせて泌尿器といいます。
赤ちゃんの泌尿器の病気で多いものは、細菌感染によって起こる尿路感染症です。尿路感染症を防ぐため、こまめにおむつを替えて清潔を保ちましょう。生気の病気は生まれつきのものがほとんどです。気になるときは定期健診時や小児科を受診して相談しましょう。

 

  • 尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)・・・細菌などが尿道から入り、尿路に炎症を起こす病気です
  • 亀頭包皮炎・・・恥垢が細菌に感染し、陰茎の先や横の部分が赤く腫れます
  • 外陰炎・膣炎・・・外陰部や膣の炎症です。かゆがったり、おりものが出ることも
  • 陰嚢水腫・・・陰嚢に水がたまり、大きく腫れる病気。触っても痛がりません
  • 脱腸(鼠径ヘルニア)・・・泣いたときなどに、太ももの付け根にふくらみが見られます
  • 包茎・・・赤ちゃんは生理的包茎。成長とともに自然にむけていきます
  • 停留精巣(停留睾丸)・・・精巣がおなかの中で止まってしまい、陰嚢に収まっていない状態
  • 水腎症・・・尿路の狭窄などが原因で尿が腎盂にたまり腎臓がふくらみます

腎臓・泌尿器・性器の病気-赤ちゃん病気辞典-記事一覧

<どんな病気?>腎臓から尿管、膀胱、尿道までのいずれかが細菌に感染し、炎症を起こす病気が尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)です。炎症の部位によって膀胱炎、腎盂腎炎などの病名がつけられていますが、乳幼児では区別がつけられない場合もあります。発熱、頻尿、排尿痛、腹痛、吐き気や嘔吐、下痢などの症状が見られます。風邪症状がないのに38度以上の高熱が出た場合は尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)が疑われま...

<どんな病気?>陰茎の先の亀頭と包皮の間にたまった垢に細菌が感染し、炎症を起こす病気が亀頭包皮炎です。陰茎の先が赤く腫れて盛り上がり痛がります。かゆみを伴ってムズムズすることもあります。痛みは排尿時にひどく、うまく出なかったり、おしっこが曲がって出たりします。おむつに膿や血がつくこともあります。赤ちゃんは常におむつをしているため、おしっこや便で汚れやすく、外気に触れにくいことから、細菌...

<どんな病気?>女の子の外陰部や膣に起こる炎症で、外陰部の皮膚や膣の粘膜に細菌が感染して起こる病気です。外陰部が赤く腫れて痛むため、モジモジしたり、しきりに気にするしぐさを見せます。また、外陰部をかゆがったり、おしっこのときに泣くこともあります。炎症が進むとおむつに黄色いおりものや血の混じったおりものがついたり、においがすることもあります。<治療>おりものが出たり、かゆみが...

<どんな病気?>精巣(睾丸)を包んでいる陰嚢の中に水がたまり腫れる病気が陰嚢水腫です。胎児のときおなかの中にあった精巣が陰嚢内に降りてくる際、何らかの原因で腹腔と陰嚢との境がうまく閉じず、腹水が陰嚢に流れ込んでしまったために起こります。大きさは普通の状態の2倍以上になったり、時には卵大にまでなることがあります。触ってみるとプクプクしていて、水がたまっているのがはっきりとわかります。触っ...

<どんな病気?>小腸が太ももの付け根の鼠径部に飛び出す病気です。普段は膨らんでいないのに、排便のときや泣いたときなど、おなかに力が加わったときにふくらみが目立ってきます。皮膚の上から触るとやわらかいこぶのようで痛みはありません。とくに男の子に多いのが特徴です。片側のみに起こることが多いようですが、左右両方に出ることもあります。男の子の場合、腸が陰嚢の中にまで入り込んで陰嚢が大きくなるこ...

<どんな病気?>陰茎(ペニス)の先端の亀頭が常に包皮に覆われていて、亀頭が見えていない状態です。ただし赤ちゃんは亀頭は見えていないのが普通で、これを生理的包茎といいます。成長とともに自然に皮がむけて、中学生くらいになると亀頭が常に露出した状態になります。手で包皮を引き下げると皮がむけ、亀頭が現われるものは仮性包茎です。一方、包皮口が狭かったり包皮と陰茎が癒着していて、手で引き下げても皮...

<どんな病気?>精巣(睾丸)は胎児期の初めにおなかの中でつくられ成長とともにしだいに下りてきて、通常は生まれる頃には陰嚢内に収まります。ですが、何らかの原因により精巣が途中で止まってしまい、陰嚢の中に完全に収まりきらない場合があります。この状態が「停留精巣」です。精巣は陰嚢近くまで下りてきているものや、鼠径部の奥にあるものなどさまざまです。また、片方だけ下りていないことが多く、陰嚢が片...

<どんな病気?>腎臓の腎盂の中に尿がたくさんたまり、腎臓が膨らむ病気です。胎児期に受ける超音波検査や、尿路感染症がきっかけとなって発見されます。赤ちゃんの水腎症のほとんどは先天的な尿路系の異常が原因となり、腎盂や尿路の一部が狭くなっているために起こります。尿路のどこか一部にでも流れの悪い部分があると尿が腎盂にたまり、その圧力で腎盂が拡張してしまいます。また重症の膀胱尿管逆流症の場合も腎...