新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

脳・神経・頭の病気

髄膜炎

投稿日:

<どんな病気?>
脳や脊髄を覆っている髄膜が炎症を起こす病気です。ウイルスが原因の「ウイルス性髄膜炎」、最近が原因の「細菌性髄膜炎」があります。多くは風邪と区別できない症状で始まります。発熱や激しい頭痛が起こり、吐き気や嘔吐が見られますが、「なんとなく元気が無い」「いつもと違う」というママやパパの観察が早期の診断につながります。ひきつけや意識障害が起こることもあります。

<治療>
髄膜炎が疑われる場合は、脊髄腔に針を刺して行う腰椎穿刺によって髄液を調べて、炎症の原因であるウイルスや細菌を特定します。細菌性髄膜炎の場合はすぐに入院して治療する必要があります。安静にして輸液をしたり、原因となっている細菌に効果がある抗生物質を使って治療します。ウイルス性髄膜炎で軽症の場合は、必ずしも入院を必要としません。
解熱薬や鎮痛薬を用いるなどの対症療法を行います。適切な治療を行えば、多くの場合は順調に回復します。ですが、細菌性髄膜炎は細菌の毒性が強かったり治療の開始が遅れると知的障害や手足の麻痺など重い後遺症を残すことがあります。早期に治療を開始することが大切です。

-脳・神経・頭の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.