新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

目の病気

弱視

投稿日:

<どんな病気?>
小児の視力発達障害のことで、眼鏡をかけても視力が出ません。新生児の目はあまり見えていない状態ですが、ものを見るという視覚障害によって視力は発達します。発達は生後6ヶ月までが著しく、3歳でほぼ成人のレベルに達します。その発達の途上で、視覚刺激が妨げられる要因があると弱視になります。
弱視には「斜視弱視」、「不同視弱視」、「屈折異常弱視」などがあります。そのほかに、乳幼児期に眼瞼下垂がある、白内障や角膜混濁など角膜や片方の目に眼帯をかけることが原因で起こる形態覚遮断弱視などがあります。

<治療>
視力が完成する8歳過ぎに治療を始めても効果がなく、出来るだけ早く治療をしなければなりません。赤ちゃんがものを見るときに異常に目を近づける、顔を横に向けてものを見るなど、おかしいと感じたら早めに受診しましょう。手で目を交互に隠して、嫌がる反応の違いを見ると片目の弱視に早く気づくことが出来ます。
治療は、原因によって両方の目で映像をとらえられるように眼鏡を使って矯正します。片目の弱視の場合は、いいほうの目をパッチで隠して、弱視の目を使う訓練をする遮蔽法で治療します。

-目の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.